スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wikipediaから非性愛が消えた日

Category : ノンセクシュアル
2013年6月2日、ウィキペディア(Wikipedia)日本版から「非性愛/ノンセクシュアル」の
項目が削除されました。
とるにたらないことかもしれませんが、今、Wikiの「無性愛/Aセクシュアル」を見ると、
このように書かれております。見過ごせません!

~「非性愛」なる実在しない用語について~

小谷野敦は、「ウィキペディアには「非性愛」の項目があるが、この語を含む著作、
論文ともにゼロである。」とツイッターで指摘した。(後に該当の項目は削除された)。
実際に、国立国会図書館のOPACには「非性愛」を含む資料は存在しない。/Wiki


以上、こんな状態です。また、削除理由にこんなことも記載されています。

●無性愛(en:Asexuality)とは別の事物であると整理され現在の内容になっている
が2006年1月に立項されて以来まったく出典がない。/Wiki


●ネットを調べてみたところ、「非性愛」をテーマにした個人のブログや掲示板など
を多数発見しました。この項目によってデマが拡散してしまったようです。/Wiki


先日、当ブログ「ノンセクの認知度」という記事で、ノンセクシュアル(非性愛)が普及した
のはごく近年だと書きました。本来のノンセクシャルという意味が、心理学用語で、
「セクシュアル・オリエンテーション(性的指向)をハッキリ自覚する前の子供を指す」だと
いうことも紹介しました。
そうなのです。今現在、このように広まり、私のアイデンティティとなった「ノンセクシュアル」
は、日本で新たに意味付けされた言葉なのです。――これは事実で、たしかにノンセクが
「恋愛感情のあるAセク」という意味合いで、セクシャリティー用語として使われているのは
日本だけです。

Wikiに載った時期などから見て、ノンセクシュアル/非性愛が広まったのは2006年頃だと
推測されます。そして、そのルーツは2ちゃんねるなどの匿名掲示板のようです。
それから2013年――約7年くらい。幅を持たせて10年くらいの間にこの「ノンセクシュアル」
という用語は浸透し、ふつうに使われるようになりました。
元からあるノンセクシュアル(non sexual)が、Aセクシュアルの派生のようなかたちで「恋愛
感情があるAセク」という日本発生の意味をプラスして使われ、馴染んできたのです。

既にノンセクシュアル(非性愛)だと自認して、「私は非性愛者です」とアイデンティティを
持っている方は日本にたくさん存在します。(いや、マイノリティーだから数でいうと少ない
かもしれませんが
実際、ノンセクシュアルというカテゴリーに入れたことで安心し、孤独感から解放された人も
複数いるのです。何より、この私がそうです!ノンセクシュアルと自認してからの方が心が
安らかです。前は異常なのか?精神病なのか?と苦悩していましたから

そんな私にとって、Wikiの乱暴な削除は結構ショックでした。
デマってなんですか?私のブログもデマを拡散するモノだと言いたいのでしょうか?

ノンセクシュアル(非性愛)はマイナーです。それでも、この10年くらいでノンセクを自認して、
生きている人はたくさんいるのです。タレントの牧村朝子(Twitter ID @ makimuuuuuu )さん
がツイッターで以下のようにツイートしていました。嬉しかったし、たいへん共感しました。
勝手ながら引用させて頂きます。

wikipedia「非性愛」のページが、「独自研究/デマ」という扱いをされて削除されちゃったみたい。たとえ著作や論文がなくても、たとえ日本独自の用語でも、「自分は無性愛じゃなく非性愛」というアイデンティティを持っている方はいたのになぁ



あるセクシャリティ用語に対し「間違ってる」という指摘がされるとき、わたしイベントで出会った「FtMレズビアン」の方をいつも思い出すの。FtMは男性だからレズビアンになりえないだろって、学問的には真実。でもその人がレズビアンって言葉に帰属意識を感じていたのも、同時に真実なのよね。



思うんだけどね、「正しいセクシャリティ用語」なんて本当は存在しないのよ。できるだけ傷つく人が少ないように、できるだけ見えなくなる人が少ないように、適当な線で分けているだけ。そして、その線自体に切りつけられている人も、どこにも入れられないままでいる人もいるのよ。



何が言いたいって、Wikiから「非性愛/ノンセクシュアル」という項目が削除されても、言葉
自体は使われ続ける限り消えないし、ノンセクシュアルを自認する人も消えません
当たり前のことだけれど記事にしておきたかったのです。
だって、Wikiはそれなりに影響力を持ったオンライン百科事典だから!今後、訂正や項目が
復活されない限り、非性愛なんて実存しない、デマじゃん!とか言われかねないから――。

長くなりましたが、私はこれからも当ブログでノンセクシュアルについて発信していきます!
日本Wikiにデマと言われようが、私はノンセク・アイデンティティを持つ人間で、ここに今も
生きて存在していますから!!!

にほんブログ村 恋愛ブログ 非性愛・ノンセクシャルへ
にほんブログ村

↑よろしけば、励ましにポチっとお願いします。ランキング参加中
スポンサーサイト

テーマ : セクシャルマイノリティー
ジャンル : 心と身体

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[言葉]非性愛

アセクシュアルについての原稿書いてて、「無性愛と非性愛の区別があるんだよな」と思い、wikiを調べたら、非性愛の項目が削除されていた。 「非性愛という言葉は文献上にない」などという理由らしい。 セクシュアリティに関する言葉、とくにidentityに関する言葉は、誰か使
プロフィール

NONKO

Author:NONKO
ノンセクシャル(非性愛者)を自覚して3年。30代未婚/女。

猫と映画と本を愛しながら、友達結婚を夢見ています。同じような悩みを持つ方と男女問わず交流ができたら嬉しいです。

LGBT他<セクシュアルマイノリティー>に偏見・嫌悪感がある方は閲覧をご遠慮ください!


にほんブログ村 恋愛ブログ 非性愛・ノンセクシャルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ セクシャルマイノリティへ
にほんブログ村
【リンクフリー/Link Free】
当ブログのページは全てリンクフリーです。ご自由にリンクして下さって結構です。リンクの確認やご報告等は必要ありません。

【無断転載禁止】
当ブログの文章・写真などを無断転載・利用するのは厳禁です。何かで利用したい場合は、メルアドを添えてコメント欄からご相談ください。
/No reproduction or republication without written permission.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitter
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。